[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節の潤滑液【ヒアルロン酸】 ]

関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は体内のいたるところに存在する成分で、赤ちゃんの肌がぷるぷるに張りがあるのはこのヒアルロン酸のおかげです。
というのも、ヒアルロン酸には非常に優れた保水力があり、なんとヒアルロン酸1gで6リットルの水分を保持することができるのです。
ヒアルロン酸は30歳を越えた頃から減少しはじめ、加齢と共に年々減少していきます。

関節におけるヒアルロン酸の働き

関節においてヒアルロン酸は、関節の周囲を満たす液体である関節潤滑液(滑液)の主成分をなしています。
関節潤滑液によって関節同士のすべりをよくなり、滑らかに動かすことができるのです。
ヒアルロン酸が減少すると関節がスムーズに動かなくなり、関節同士がこすれ合うために関節軟骨が摩耗して変形するため、痛みが生じるのです。
そのほか、関節軟骨成分であるプルテオグルカンの構成成分でもあり、関節のクッションの働きにも貢献しています。

ヒアルロン酸による変形性膝関節症の治療

病院での変形性膝関節症の治療は、加齢によりひざ関節の関節潤滑液のヒアルロン酸の濃度が低下することから、ヒアルロン酸を膝関節に注射する方法が行われています。
通常、ヒアルロン酸を1週間に1回膝関節に注入し、これを5週連続して注射します。
この時点で痛みが治まればそこで治療を終了しますが、痛みが続く場合は、その後も2〜4週間ごとに1回の割合で注射が行われます。

サプリメントのヒアルロン酸

身近なものでは、ヒアルロン酸は鶏のトサカやフカヒレ、サメの軟骨、魚の目玉などに多く含まれていますが、熱に弱く、日常の食事ではなかなか摂取することはできません。
また、ヒアルロン酸は非常に代謝が早い成分で、皮膚の表皮ではわずか1日で半分が消耗し、2〜3日ですべてが入れ替わってしまいます。
そのため、加齢と共に減少するヒアルロン酸を補うにはサプリメントによって絶えず補給してあげる必要があるのです。
一般的にヒアルロン酸の摂取量は1日に約60mgといわれています。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

| - | - | pookmark |
 
目 次

関節痛について
高齢化社会により関節痛の人が増加中

関節の構造と成分
関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!
関節軟骨成分【コラーゲン】
関節軟骨成分【グルコサミン】
関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

変形性関節症
関節痛の主な原因【変形性関節症】

膝関節痛について
膝関節痛でお悩みの方が多い訳は?

膝関節痛サプリメント
関節痛サプリメントの選び方

膝関節サポーター
関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】

Category
Profile

このサイトをお気に入りに追加したい場合はこちらから登録できます


応援宜しくお願いします。

人気blogランキング
人気ブログランキングへ


My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

「My Yahoo!に追加」ボタンは、簡単にMy Yahoo!のRSSリーダーにサイトを追加できるリンクボタンです。
お気に入りブログのサイト更新情報を簡単にチェックできるシステムです。


Link
     
Feed
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored Links
Copyright (C) 2008 関節痛の症状・関節痛の治療法 ALL Rights Reserved.