[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節軟骨成分【コンドロイチン】 ]

関節軟骨成分【コンドロイチン】

コンドロイチンとは?

コンドロイチンは、ムコ多糖類アミノ酸の一種で、軟骨をはじめ皮膚の結合組織や脳など私たちの体のあらゆる組織に存在しています。
ムコ多糖はネバネバ物質と呼ばれ、昔から長寿食、美容食、滋養食として食され、肌に潤いを保ったり、関節がスムーズに動くようにしたりと、体内で潤滑油の役目をしてくれます。
特にコンドロイチンは関節軟骨においては、軟骨のクッションの働きが機能するために必要不可欠なプロテオグルカンを構成している成分なのです。

軟骨に水分が豊富なのはコンドロイチンのおかげ

軟骨がクッションの働きをするためには水分が不可欠なのですが、コンドロイチンには水分を引きよせる力があるのです。
コンドロイチン硫酸がもつ大量の陰電荷にナトリウムイオンが引きつけられるのですが、水分と結合したナトリウムも一緒に引き寄せられるので、軟骨には水分がたくさん集まってきます。
そして、その水分をネバネバのゼリー状をしたコンドロイチンがたっぷり抱え込みますので軟骨は水分を豊富に保てるのです。

コンドロイチンの原料は?

コンドロイチンは、サプリメントとして一般的に鮫軟骨(サメ軟骨)が使用されています。
というのも、鮫の骨は全て軟骨でできていて、ムコ多糖がたくさん含まれているからです。
 

コンドロイチンは医薬品やサプリメントに引っ張りだこ

コンドロイチン硫酸ナトリウムは医薬品として使用されています。
神経痛、腰痛症、関節痛や五十肩などの治療に内服剤又は注射剤として使用され、角膜表層の保護のために目薬にも配合れています。
また、関節痛やお肌の美容のためにサプリメントに、さらには化粧品にも配合されています。

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

| - | - | pookmark |
 
目 次

関節痛について
高齢化社会により関節痛の人が増加中

関節の構造と成分
関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!
関節軟骨成分【コラーゲン】
関節軟骨成分【グルコサミン】
関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

変形性関節症
関節痛の主な原因【変形性関節症】

膝関節痛について
膝関節痛でお悩みの方が多い訳は?

膝関節痛サプリメント
関節痛サプリメントの選び方

膝関節サポーター
関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】

Category
Profile

このサイトをお気に入りに追加したい場合はこちらから登録できます


応援宜しくお願いします。

人気blogランキング
人気ブログランキングへ


My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

「My Yahoo!に追加」ボタンは、簡単にMy Yahoo!のRSSリーダーにサイトを追加できるリンクボタンです。
お気に入りブログのサイト更新情報を簡単にチェックできるシステムです。


Link
     
Feed
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored Links
Copyright (C) 2008 関節痛の症状・関節痛の治療法 ALL Rights Reserved.