[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう! ]

関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!

 関節痛では、骨と骨の間でクッションの働きをしている関節軟骨がすり減ることでおこるケースが多く、特にお年寄りの膝関節痛の場合はほとんどがひざ軟骨の減少によるものであるといっても過言ではないでしょう。
ですから、関節の痛みを和らげる、または関節痛を予防するには、いかにして軟骨がすり減るのを防ぐかが非常に重要なカギとなってきます。
そこでまず軟骨がどのような構造をしているのかをみてみましょう。

軟骨は下図のような構造をしています。

関節軟骨


構成成分は次のようになっています。

コラーゲン
プロテオグルカン
 ・コンドロイチン硫酸
 ・ヒアルロン酸
 ・蛋白質
軟骨細胞
グルコサミン

網目状に張り巡らされたコラーゲン線維の間に、ブラシのような形をしたプロテオグルカンが存在します。
プロテオグルカンはコンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、蛋白質からできています。
そして、水とグルコサミンがそのすき間を埋めるように満たされています。

軟骨成分の65〜80%は水なのです。
ですから、関節軟骨はコラーゲンやプロテオグルカン、グルコサミンによって、いかにして水分をたっぷり保てるかが、関節におけるクッションの機能を円滑に果たすカギとなります。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

| - | - | pookmark |
 
目 次

関節痛について
高齢化社会により関節痛の人が増加中

関節の構造と成分
関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!
関節軟骨成分【コラーゲン】
関節軟骨成分【グルコサミン】
関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

変形性関節症
関節痛の主な原因【変形性関節症】

膝関節痛について
膝関節痛でお悩みの方が多い訳は?

膝関節痛サプリメント
関節痛サプリメントの選び方

膝関節サポーター
関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】

Category
Profile

このサイトをお気に入りに追加したい場合はこちらから登録できます


応援宜しくお願いします。

人気blogランキング
人気ブログランキングへ


My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

「My Yahoo!に追加」ボタンは、簡単にMy Yahoo!のRSSリーダーにサイトを追加できるリンクボタンです。
お気に入りブログのサイト更新情報を簡単にチェックできるシステムです。


Link
     
Feed
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored Links
Copyright (C) 2008 関節痛の症状・関節痛の治療法 ALL Rights Reserved.