[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節痛サプリメント関節痛サプリメントの選び方 ]

関節痛サプリメントの選び方

関節痛のサプリメントは今爆発的なブームに乗って、たくさんの事業者が参入してきており、価格の高いものから安ものまでいろいろな商品が出回っています。
このようにたくさんの関節痛サプリメント商品がある中で、皆さんはどのようにして関節痛サプリメントを選んでいますか?
高い関節痛サプリメント商品はだまされているような気がしますし、安い関節痛サプリメント商品は本当に効くのだろうかと不安になりますよね。
そこで関節痛サプリメント商品の選ぶときに何に着目すればよいか見てみましょう。


まず、関節痛サプリメントといえば、グルコサミンとコンドロイチンという軟骨成分が中心となります。
グルコサミン単品よりもグルコサミンとコンドロイチンが一緒のほうが相乗効果があるといわれています。
というのも、グルコサミンが軟骨成分を新しく作り、コンドロイチンが軟骨を分解する酵素を抑えるからです。
この考えは、サプリメント先進国であるアメリカの元アリゾナ大学助教授のジェーソン・セオドキシス博士が、グルコサミとコンドロイチンの同時摂取を提唱したことが始まりで、現在ではこの考えがすっかり定着しています。
そして、博士は膝関節痛のグルコサミン・コンドロイチン療法の1日服用量の目安として、グルコサミン1,500mg、コンドロイチン1,200mg(平均体重60kg)を摂取することを提唱しています。

ですので、関節痛サプリメントを選ぶときには、まず、グルコサミンとコンドロイチンの両方の成分が配合されている商品で、かつ、グルコサミンが1,500mg以上、コンドロイチンが1,200mg以上が1日摂取量として配合されている商品を選ぶことをお勧めします。

補足ですが、関節痛サプリメント商品によっては、成分名だけがたくさん列記されていて、肝心の配合量が記載されていないものもあります。(関節痛サプリメントに限りませんが…)
そのような商品は一見たくさんの成分が入っていて良いように思われがちですが、各成分の量が少しずつしか配合されていないことが多いので、つられずに選択肢から除外して下さい。


◆グルコサミン・コンドロイチン療法の1日服用量の目安 

グルコサミン コンドロイチン
体重55kg以下

1,000mg

800mg

体重55kg〜90kg

1,500mg

1,200mg

体重90kg以上

2,000mg

1,600mg



------------------------------------------------------------------------------------------------

| - | - | pookmark |
 
目 次

関節痛について
高齢化社会により関節痛の人が増加中

関節の構造と成分
関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!
関節軟骨成分【コラーゲン】
関節軟骨成分【グルコサミン】
関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

変形性関節症
関節痛の主な原因【変形性関節症】

膝関節痛について
膝関節痛でお悩みの方が多い訳は?

膝関節痛サプリメント
関節痛サプリメントの選び方

膝関節サポーター
関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】

Category
Profile

このサイトをお気に入りに追加したい場合はこちらから登録できます


応援宜しくお願いします。

人気blogランキング
人気ブログランキングへ


My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

「My Yahoo!に追加」ボタンは、簡単にMy Yahoo!のRSSリーダーにサイトを追加できるリンクボタンです。
お気に入りブログのサイト更新情報を簡単にチェックできるシステムです。


Link
     
Feed
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored Links
Copyright (C) 2008 関節痛の症状・関節痛の治療法 ALL Rights Reserved.