[ 関節痛の症状、関節痛の治療法 > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節痛サプリメント関節痛サプリメントの選び方 ]

関節痛サプリメントの選び方

関節痛のサプリメントは今爆発的なブームに乗って、たくさんの事業者が参入してきており、価格の高いものから安ものまでいろいろな商品が出回っています。
このようにたくさんの関節痛サプリメント商品がある中で、皆さんはどのようにして関節痛サプリメントを選んでいますか?
高い関節痛サプリメント商品はだまされているような気がしますし、安い関節痛サプリメント商品は本当に効くのだろうかと不安になりますよね。
そこで関節痛サプリメント商品の選ぶときに何に着目すればよいか見てみましょう。


まず、関節痛サプリメントといえば、グルコサミンとコンドロイチンという軟骨成分が中心となります。
グルコサミン単品よりもグルコサミンとコンドロイチンが一緒のほうが相乗効果があるといわれています。
というのも、グルコサミンが軟骨成分を新しく作り、コンドロイチンが軟骨を分解する酵素を抑えるからです。
この考えは、サプリメント先進国であるアメリカの元アリゾナ大学助教授のジェーソン・セオドキシス博士が、グルコサミとコンドロイチンの同時摂取を提唱したことが始まりで、現在ではこの考えがすっかり定着しています。
そして、博士は膝関節痛のグルコサミン・コンドロイチン療法の1日服用量の目安として、グルコサミン1,500mg、コンドロイチン1,200mg(平均体重60kg)を摂取することを提唱しています。

ですので、関節痛サプリメントを選ぶときには、まず、グルコサミンとコンドロイチンの両方の成分が配合されている商品で、かつ、グルコサミンが1,500mg以上、コンドロイチンが1,200mg以上が1日摂取量として配合されている商品を選ぶことをお勧めします。

補足ですが、関節痛サプリメント商品によっては、成分名だけがたくさん列記されていて、肝心の配合量が記載されていないものもあります。(関節痛サプリメントに限りませんが…)
そのような商品は一見たくさんの成分が入っていて良いように思われがちですが、各成分の量が少しずつしか配合されていないことが多いので、つられずに選択肢から除外して下さい。


◆グルコサミン・コンドロイチン療法の1日服用量の目安 

グルコサミン コンドロイチン
体重55kg以下

1,000mg

800mg

体重55kg〜90kg

1,500mg

1,200mg

体重90kg以上

2,000mg

1,600mg



------------------------------------------------------------------------------------------------

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法膝関節サポーター関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】 ]

関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】

 膝関節痛から膝を守ってくれるのがサポーターです。
膝の部分を締めつけて固定してしまうので、膝に負担がかからなくり、歩行時の痛みも和らぎます。

しかし、その反面、きつく締めつけるて圧迫するため膝部分の血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると十分な酸素や栄養分が行き渡らなくなるため、膝の痛みをさらに悪化させる原因になります。
さらに、膝を固定してしまうことで膝周辺の筋肉を使わなくなります。
膝関節痛は、軟骨がすり減ることによって起こりますが、その大元は膝を支える筋肉が弱ることによって膝に負担がかかるためです。
膝を固定するだけでは、一時的に膝の痛みを守ってくれるだけで膝関節痛を引き起こす原因そのものを解消できませんし、そのうえ筋肉が弱ってしまい膝への負担がさらに増幅し悪循環になります。

そんなこれまでのサポーターのデメリットを改善したのが、全く新しいタイプのサポーター【バイオメカサポーター膝関節】です。


膝関節を圧迫・固定しない新しいひざサポーター「バイオメカサポーター膝関節」



【バイオメカサポーター膝関節】は、バイオメカニクス(生体力学)に基づき、骨格、筋肉の働き、歪みの影響を考えた独自の理論「筋肉の連鎖」で、歩行を補正し、膝の重心を安定させて、つらい膝の症状を予防、解消する新発想のサポーターです。
膝を圧迫、固定しませんのでしゃがむ動作や正座等も楽にできますし、膝の補強と円滑な運動を両立させているため、装着したままスポーツをすることも可能ですのでスポーツ障害の予防や症状の緩和等にも効果があります。
「サイズが合わない」「効果がない」場合でも10日間の返品、交換保証がありますので安心してお試し下さい。


膝関節を圧迫・固定しない新しいひざサポーター「バイオメカサポーター膝関節」

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節の潤滑液【ヒアルロン酸】 ]

関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は体内のいたるところに存在する成分で、赤ちゃんの肌がぷるぷるに張りがあるのはこのヒアルロン酸のおかげです。
というのも、ヒアルロン酸には非常に優れた保水力があり、なんとヒアルロン酸1gで6リットルの水分を保持することができるのです。
ヒアルロン酸は30歳を越えた頃から減少しはじめ、加齢と共に年々減少していきます。

関節におけるヒアルロン酸の働き

関節においてヒアルロン酸は、関節の周囲を満たす液体である関節潤滑液(滑液)の主成分をなしています。
関節潤滑液によって関節同士のすべりをよくなり、滑らかに動かすことができるのです。
ヒアルロン酸が減少すると関節がスムーズに動かなくなり、関節同士がこすれ合うために関節軟骨が摩耗して変形するため、痛みが生じるのです。
そのほか、関節軟骨成分であるプルテオグルカンの構成成分でもあり、関節のクッションの働きにも貢献しています。

ヒアルロン酸による変形性膝関節症の治療

病院での変形性膝関節症の治療は、加齢によりひざ関節の関節潤滑液のヒアルロン酸の濃度が低下することから、ヒアルロン酸を膝関節に注射する方法が行われています。
通常、ヒアルロン酸を1週間に1回膝関節に注入し、これを5週連続して注射します。
この時点で痛みが治まればそこで治療を終了しますが、痛みが続く場合は、その後も2〜4週間ごとに1回の割合で注射が行われます。

サプリメントのヒアルロン酸

身近なものでは、ヒアルロン酸は鶏のトサカやフカヒレ、サメの軟骨、魚の目玉などに多く含まれていますが、熱に弱く、日常の食事ではなかなか摂取することはできません。
また、ヒアルロン酸は非常に代謝が早い成分で、皮膚の表皮ではわずか1日で半分が消耗し、2〜3日ですべてが入れ替わってしまいます。
そのため、加齢と共に減少するヒアルロン酸を補うにはサプリメントによって絶えず補給してあげる必要があるのです。
一般的にヒアルロン酸の摂取量は1日に約60mgといわれています。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節軟骨成分【コンドロイチン】 ]

関節軟骨成分【コンドロイチン】

コンドロイチンとは?

コンドロイチンは、ムコ多糖類アミノ酸の一種で、軟骨をはじめ皮膚の結合組織や脳など私たちの体のあらゆる組織に存在しています。
ムコ多糖はネバネバ物質と呼ばれ、昔から長寿食、美容食、滋養食として食され、肌に潤いを保ったり、関節がスムーズに動くようにしたりと、体内で潤滑油の役目をしてくれます。
特にコンドロイチンは関節軟骨においては、軟骨のクッションの働きが機能するために必要不可欠なプロテオグルカンを構成している成分なのです。

軟骨に水分が豊富なのはコンドロイチンのおかげ

軟骨がクッションの働きをするためには水分が不可欠なのですが、コンドロイチンには水分を引きよせる力があるのです。
コンドロイチン硫酸がもつ大量の陰電荷にナトリウムイオンが引きつけられるのですが、水分と結合したナトリウムも一緒に引き寄せられるので、軟骨には水分がたくさん集まってきます。
そして、その水分をネバネバのゼリー状をしたコンドロイチンがたっぷり抱え込みますので軟骨は水分を豊富に保てるのです。

コンドロイチンの原料は?

コンドロイチンは、サプリメントとして一般的に鮫軟骨(サメ軟骨)が使用されています。
というのも、鮫の骨は全て軟骨でできていて、ムコ多糖がたくさん含まれているからです。
 

コンドロイチンは医薬品やサプリメントに引っ張りだこ

コンドロイチン硫酸ナトリウムは医薬品として使用されています。
神経痛、腰痛症、関節痛や五十肩などの治療に内服剤又は注射剤として使用され、角膜表層の保護のために目薬にも配合れています。
また、関節痛やお肌の美容のためにサプリメントに、さらには化粧品にも配合されています。

| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節軟骨成分【グルコサミン】 ]

関節軟骨成分【グルコサミン】

グルコサミンとは?

グルコサミンは、エネルギーの源となる糖分であるグルコースと、蛋白質の成分の1つであるグルタミンが結合したアミノ糖の一種で、コンドロイチンやヒアルロン酸などのムコ多糖を構成する成分です。
人や動物の体内で合成されますが、加齢と共に生成されにくくなります。
自然界ではカニやエビなどの甲殻類の外殻のキチン質や、ヤマノイモなどに含まれるネバネバとした成分としてグルコサミンが多量に存在しています。


グルコサミンの関節軟骨での役割は?

グルコサミンは、関節軟骨においてはプロテオグルカンの生成に不可欠で、軟骨内に水分を保持するために非常に重要な成分です。
また軟骨は他の細胞同様に新陳代謝によって古い軟骨が破壊され、新しい軟骨が形成されるのですが、グルコサミンは軟骨の形成と破壊の代謝のバランスを維持しています。


グルコサミンの効能・効果は?

グルコサミンは医薬品としては承認されておらず、現段階ではあくまでも食品です。
ただし、グルコサミンの関節痛に関する試験データは豊富で、毎日1500mgの摂取で軟骨のすり減りが原因である変形性関節症による膝関痛に効果があるという研究報告があります。
摂取後すぐに効果が現れるケースもあれば、数週間経って効果が現れるケースもあります。


サプリメントのグルコサミンの原料は?

グルコサミンのサプリメントでは、エビやカニの甲羅を原料とした製品が多く出回っています。
一口にグルコサミンと言っても、産地や精製方法によって原料の質がピンからキリまであります。
安価な中国産の養殖エビを使用しているところもたくさんありますので、産地を特性して表示しているものをお勧めします。
最近では、エビやカニ由来のグルコサミンは、甲殻類アレルギーの方は使用できないこと、また独特のクセのある味と臭いがあることから、トウモロコシなど植物由来の発酵グルコサミンを原料として使用している製品も増えています。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節軟骨の成分【コラーゲン】 ]

関節軟骨の成分【コラーゲン】

コラーゲンとは?

コラーゲンは組織中に網目のように張り巡らされた線維状の蛋白質の1つで、皮膚をはじめに骨や軟骨、腱などに多く存在し、人間の体では蛋白質の約30%がコラーゲンでできています。
関節軟骨では、水を除けば約50%がコラーゲンでできています。
ゼラチンや魚を煮て冷やしたときに出てくるゼリー状の煮こごりも実はコラーゲンなのです。

コラーゲンの関節軟骨での役割は?

関節軟骨においては、コラーゲン線維によって軟骨の基礎的な形が作られていて、弾力性を増すのに役立っています。
ですから、関節軟骨におけるコラーゲンの量が減少すると、クッションの働きが低下して、軟骨がつぶれやすくなるため痛みが発生し、さらにひどくなると変形性関節症の原因となります。
 

コラーゲンの効能・効果は?

関節軟骨に含まれるコラーゲンは、皮膚や骨、靱帯、腱などと異なり、II型コラーゲン(2型コラーゲン)と呼ばれるタイプのコラーゲンですが、抽出することが難しい成分でした。
しかし、ハーバード大学医学部が成分の壊れていないUC-(非変性況織灰蕁璽殴)を抽出することに成功したことで、関節炎、関節痛に著しい効果がある素材としてコラーゲンが脚光を浴びるようになりました。
II型コラーゲン(2型コラーゲン)を1日40mg摂取したときに最も高い効果があるという試験結果がでています。
ヨーロッパではコラーゲンを関節炎やリウマチの治療に処方している病院もあり、コラーゲンの関節痛に対する効果は認められています。

サプリメントのコラーゲンの原料は?

コラーゲンのサプリメントの原料は、これまでは牛由来のコラーゲンが一般に使用されていましたが、狂牛病が問題になって以来牛由来のコラーゲンの使用は手控えられ、豚由来のコラーゲンが使用されるようになりました。
一方、牛や豚など動物性コラーゲンに替わり、魚のウロコなどを使用した海洋性のフィッシュコラーゲン(マリンコラーゲン)を使用したサプリメントが近年増加しています。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節の構造と成分関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう! ]

関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!

 関節痛では、骨と骨の間でクッションの働きをしている関節軟骨がすり減ることでおこるケースが多く、特にお年寄りの膝関節痛の場合はほとんどがひざ軟骨の減少によるものであるといっても過言ではないでしょう。
ですから、関節の痛みを和らげる、または関節痛を予防するには、いかにして軟骨がすり減るのを防ぐかが非常に重要なカギとなってきます。
そこでまず軟骨がどのような構造をしているのかをみてみましょう。

軟骨は下図のような構造をしています。

関節軟骨


構成成分は次のようになっています。

コラーゲン
プロテオグルカン
 ・コンドロイチン硫酸
 ・ヒアルロン酸
 ・蛋白質
軟骨細胞
グルコサミン

網目状に張り巡らされたコラーゲン線維の間に、ブラシのような形をしたプロテオグルカンが存在します。
プロテオグルカンはコンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、蛋白質からできています。
そして、水とグルコサミンがそのすき間を埋めるように満たされています。

軟骨成分の65〜80%は水なのです。
ですから、関節軟骨はコラーゲンやプロテオグルカン、グルコサミンによって、いかにして水分をたっぷり保てるかが、関節におけるクッションの機能を円滑に果たすカギとなります。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法膝関節痛膝関節痛でお悩みの方が多い訳は? ]

膝関節痛でお悩みの方が多い訳は?

関節痛の中でも最も多いのが膝関節痛です。
膝が痛くて階段の上り下りが辛いという方や歩くときでさえ痛みが走って足を引きずって歩いている方もいらっしゃいます。
その理由は、膝関節には体重の負担が非常に多くかかるからなのです。

二足歩行をしている人間は、上半身の体重を足で支えて、屈折部分の膝にはより大きな負荷がかかってきます。
そのため膝には普通に歩くだけでも片膝に体重の約3〜4倍もの負担がかかっています。
さらに、階段の上り下りではなんと体重の約7倍の負担がかかっているのです。
例えば、体重60kgの人であれば、歩くときに180〜240kg、階段の上り下りでは420kgの重さが片膝にかかっているということになるのです。

これだけの負担が毎日のように膝にかかっているのですから、軟骨がすり減っていくのは当然のことかもしれません。
さらに年を重ねるごとに、軟骨を再生する能力も衰えてきますので、高齢者ほど膝に痛みをもっている方が増えてくるのです。

また、肥満の方は膝にかかってくる負担が特に大きいので、要注意です。
上で述べたように、1kg体重が増えるだけで体重の何倍もの負担が膝に増える訳なのですから…

膝への負担
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法変形性関節症関節痛の主な原因【変形性関節症】 ]

関節痛の主な原因【変形性関節症】

関節痛になる原因にはいくつかありますが、その中でも最も多いのが、関節が変形することによって痛みがおこるものです。
この症状を変形性関節症といいます。

変形性関節症は、骨の連結部分の表面を覆っている関節軟骨がすり減ることで起こります。
関節軟骨は、骨と骨の間で衝撃を吸収するクッションの働きをしているのですが、軟骨がすり減ると骨同士が直接ぶつかり合うようになります。

そうすると体では正常な状態に戻すために、新しく軟骨や骨を作ろうとします。
ところが、新しい軟骨や骨を形成するときに正常な形状には修復されずに、骨のふちに「骨棘」と呼ばれるトゲのように突起した骨ができたりして、骨の変形がさらに進行してしまいます。
この骨の変形によって関節の靱帯や関節包が圧迫されて痛みが現れるのです。


変形性関節炎には、加齢など直接的な原因のない「一次性関節症」と怪我や病気などの後に発症する「二次性関節症」に分けられます。
変形性関節症の原因の90%は一次性関節症で、特に関節に体重の負担のかかる膝関節で多く見受けられます。
一方、股関節の場合はほとんどが二次性関節症で、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などの股関節の構造の異常が原因です。

軟骨は加齢と共に再生能力が衰えてきますので、変形性関節症は45歳を過ぎた中高年層で症状を訴える人が急増してきます。
また、男性よりも女性に多く、1:2〜1:4の割合で女性に多く見受けられます。
| - | - | pookmark |
[ 関節痛の症状、関節痛の治療法関節痛について高齢化社会により関節痛の人が増加中 ]

高齢化社会により関節痛の人が増加中

関節痛は、経験者ならご存じのように、立ち上がるときや重い物を持ち上げるとき、階段を上り下りするときなどに関節にピリッとした痛みが走ます。
とても辛くて耐え難い症状で、日常生活に支障をきたします。
なんとかしてこの関節の痛みを治したい…
少しでも関節痛を和らげたい…
そう切に願っている方は非常に多いことでしょう。

わが国では高齢化社会を迎えています。
老化に伴い体のあちこちで病気が現れてくるように関節痛も例外ではありません。
そのため関節痛で悩まれている方も年々増加しています。

このように関節痛でお悩みの方はたくさんおられるにも係わらず、関節痛は命に直結するものではないからといって、治療せずにほったらかしにしている方も多いのではないでしょうか?
しかし、関節痛になるとその痛みを感じる部分だけでなく、健康上の被害がほかの部位にも及んできます。
というのは関節痛になると痛みが怖いために体を動かさなくなるからなのです。
「外出したいけど関節痛のためにやめた」という方も多いことでしょう。

特に高齢者の方では体を動かさないと筋肉も弱ってきて老化が加速してしまいます。
さらに家の中にずっと閉じこもっていると、気分もふさがってしまいます。
関節痛のためにうつ病になったり、認知症を加速させることもあり得るのです。
このことは、介護において要支援者の支援が必要となった原因の第1位が「高齢による衰弱」で、次いで第2位に「関節疾患」が入っていることからもおわかりいただけることでしょう。
| - | - | pookmark |
 
目 次

関節痛について
高齢化社会により関節痛の人が増加中

関節の構造と成分
関節痛を理解するために関節軟骨の構造を知りましょう!
関節軟骨成分【コラーゲン】
関節軟骨成分【グルコサミン】
関節の潤滑液【ヒアルロン酸】

変形性関節症
関節痛の主な原因【変形性関節症】

膝関節痛について
膝関節痛でお悩みの方が多い訳は?

膝関節痛サプリメント
関節痛サプリメントの選び方

膝関節サポーター
関節を圧迫、固定しない膝関節痛サポーター【バイオメカサポーター膝関節】

Category
Profile

このサイトをお気に入りに追加したい場合はこちらから登録できます


応援宜しくお願いします。

人気blogランキング
人気ブログランキングへ


My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

「My Yahoo!に追加」ボタンは、簡単にMy Yahoo!のRSSリーダーにサイトを追加できるリンクボタンです。
お気に入りブログのサイト更新情報を簡単にチェックできるシステムです。


Link
     
Feed
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored Links
Copyright (C) 2008 関節痛の症状・関節痛の治療法 ALL Rights Reserved.